フラー株式会社に入社しました

Apr 1, 2019   #fuller  #kosen  #kashiwanoha 

はじめに

フラー株式会社に入社しました。 新卒(19卒)での採用です。 フラーは19卒から正式に新卒採用を開始したようです。

引用 フラー株式会社 コーポレートサイト

経緯/入社の決めて

自分は2018年に開催されたサマーインターンシップに参加していました。 そこでは、フラーの雰囲気や大切にしている文化などを身近で感じることができました。

> 人事・採用責任者である川野さんのツイート

また、入社の決め手はオフィスで楽しそうに働いている自分が容易に想像できたことです。 ほかにも、エンジニアとしての自分のポテンシャルが最大限に引き出すことのできる環境が用意されており 自分の手で最高のファーストキャリアを描ける自信と覚悟がありました。 もちろん、他の会社も2社ほど考えたのですが、自分の中で最もマッチしてると思うのがフラーでした。

立地

本社は千葉県のつくばエクスプレス線沿いの柏の葉に位置しています。 地方出身の都心部を歩くだけでHPが0になる自分にとってはとても住みやすいです。 「都心に月1,2回出られたらいいな〜」の自分にとっては文句なしでした。 (秋葉原まで30分ちょっと)

職種

職種はソフトウェアエンジニア(インフラやサーバサイド)です。

フラーには、外国人の方が多数在籍していて、自分のデスクの周りで韓国語や英語が飛び交っているのは自分にとってかなりいい刺激になっています。

ソフトウェアエンジニアとして日本語しかできないのは、確実に成長に頭打ちが来ると実感しています。 なので、コード書くだけではなく、「久しぶりに英語もやっていくか〜〜!」っていう感じです。

実は正社員入社までは内定者アルバイトみたいな雇用形態で働いていたのですが、高専生向けの企業説明会に参加させてもらうなど エンジニアリング以外で興味のあることに対しても好きなことをやらせてもらえていると自負しています。ハッピー。

会社まで徒歩通勤できるのもハッピー。 渋谷/新宿などの都心部は歩くだけでHPが擦り減ってしまうので、 個人的に居住するのはつらい。

おわりに

僕は良好な人間関係やチームが良いプロダクトを生み、それが利益を生み出すと信じていますし、そうであって欲しいと思っています。 今の自分にとって、それが実直に体現されているなと思えたのがフラーだったという話です。

また、自分は高専のギークな文化やソフトウェアのオープンソースという文化に今まで強く影響を受けてきました。

ですので、今後は今までお世話になったエコシステムに対して還元したいという気持ちも当然あります。 (フラーは高専に対して教育を実施する活動もしているので、そういった意味でもマッチしていました。)

もちろん、会社の良いところだけではなく会社として「これから頑張っていきたいこと」や「創っていかないといけない仕組み」などもあると思っていて それらも含めてやっていくぞという気持ちです。

どうぞよろしくお願いします。